矯正装置と不正咬合

矯正装置

当院で行う矯正治療の装置についてご説明します。
院長とよく相談して、患者さんにあった装置を決めていきます。

メタル装置

歯面にプラケット(金属の装置)がつきます。
メタル装置

セラミック装置

形はメタル装置と同じですが、色が白なので目立ちにくいです。
セラミック装置

不正咬合

不正咬合とは?

検診などで「咬み合わせに問題があります」といわれたことはありますか?
歯並びに凸凹がある方や隙間がある方はもちろん、一見歯並びがきれいでも上下の歯が正しい場所で合っていない場合も、「咬み合わせに問題がある」とされます。
こういう咬み合わせをいわゆる「不正咬合」と呼んでいます。

不正咬合の例

叢生(そうせい)

歯が重なり合って生えている状態のことです。
特徴
  • 歯並びが凸凹しています。
  • 八重歯も叢生に入ります。
  • 犬歯が飛び出していることが多い。
  • 歯が非常に大きいか、顎が小さいことなどが、原因として考えられます。
  • 歯みがきが非常にしにくい為、虫歯や歯周病の人が多い。
叢生(そうせい)

上顎全突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前に出ている咬み合わせをいいます。
特徴
  • 口が閉じにくい。
  • 笑うと上の歯ぐきが出てしまう。
  • 前歯が出ているため歯ぐきが乾いて歯周病になりやすい。
  • 呼吸器系の病気の原因にもなります。
上顎全突(じょうがくぜんとつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯は空隙歯列(くうげきしれつ)といいます。
特徴
  • 歯と歯の間があいていて、食べ物がつまったり、前歯のすき間が目立ってしまうような状態です。
  • 原因は、顎の大きさに対して歯のサイズが小さいことや、先天的に歯の本数が足りないことなどです。
  • そのすき間に、無意識のうちに舌を押し付けたりして症状を悪化させるケースも目立ちます。
空隙歯列(くうげきしれつ)

開咬(かいこう)

上の前歯と下の前歯が咬み合わず隙間が開いている状態を開咬といいます。
特徴
  • パスタやとうもろこしなどが前歯で咬めない。
  • 話をしていても息がもれる。
  • 舌が出てしまう。
  • 口呼吸や子供の頃の指しゃぶり等が原因で起こる。
  • 口を閉じられない開咬は発音へ大きな影響をあたえます。
  • 特に、息が常に抜けるような状態は聞きとりにくい不明瞭な発音になり、その中でもサ行やタ行などの発音が不明瞭になりやすいです。
開咬(かいこう)

反対咬合(はんたいこうごう)

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)といいます。
特徴
  • 下の歯だけ前方に傾斜している場合と、下顎自体が前方に発育している、又は上顎が後方に引っ込んでいるなど等の骨格性のものもあります。
  • 食べ物をよく咬むことができない。
  • 下顎がしゃくれた感じになるので、顔の中で下顎ばかり目立つ。
  • 発音が不明瞭で聞き取りにくい話し方になる。
反対咬合(はんたいこうごう)

ご予約・ご相談は
お気軽に

すべての方に安心して
通っていただける
環境づくりを行っています。
当院は完全予約制のため、
まずはお問い合わせ下さい。

  • 054-251-5878 お電話はこちら メールお問い合わせ メールお問い合わせ
  • 診療時間
    10:00~12:00
    14:00~18:00