よくあるご質問

矯正治療に関するよくあるご質問

Q 治療中の痛みはありますか?
A
装置を初めてつけたり、力を調整したときには、歯が浮くような感覚があります。しかし日常生活に支障はありません。個人差がありますが、数日でおさまります。
Q 歯を抜くことがありますか?
A
歯と顎の大きさの不調和が著しい場合は、抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃や顎の成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。
Q 治療期間は?
A
年齢や不正の種類によって差がありますが、一般的には6カ月から3年くらいです。
Q 食事や歯磨きは今までと同じでよいでしょうか?
A
矯正装置によっても多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題ありません。装置をつけているので、歯みがきには、工夫がいります。みがき方の指導を行いますので、それを身につけて下されば問題ございません。
Q スポーツに支障はありますか?
A
スポーツについては、制限はありません。しかし、ボールなどが口元にぶつかれば、怪我が大きくなる危険はありますので、充分注意して行って下さい。
Q 楽器を演奏するには支障はありますか?
A
吹奏楽をやる場合はその楽器によって、治療に影響を与えるものがありますので、先生に相談して下さい。
Q 年齢制限はありますか?
A
矯正治療を開始する年齢について、制限は特にありません。子供から大人まで幅広く、治療は可能です。ただし、治療に耐えられる、耐えられないがあるので、先生とよく相談して下さい。

ホワイトニングに関するよくあるご質問

Q 時間や期間はどれくらいかかりますか?
A
薬を塗るのは25分間を2回です。2週間に2回のペースで来院していただき、これを5~20回行います。(状況によって変わります)
Q 歯に悪くないですか?
A
一般の漂白薬は、歯の表面を溶かしてスリガラス状にして白く見えます。つまり歯には悪いのです。FAP法は、虫歯予防効果のあるフッ化アパタイトを歯の表面に沈着させるため歯に良いです。
Q 体に悪影響はありますか?
A
漂白後は、歯の上にのせてある薬をふきとるので、体内に流れる心配はありません。万が一体内に入っても、基本的にカルシウムですので、自然に体外に排泄されるので心配はいりません。
Q あともどりはありますか?
A
漂白効果がなくなり、もとの色に戻ることはありません。しかし茶渋などで汚れて色が悪くなることはあります。
Q メンテナンスはどうすればいいですか?
A
歯が汚れてくるので、クリーニングやホワイトニングで汚れを落とす必要があります。歯は皮膚と同じで、年とともにツヤも減りくすんできます。ですから今、白くても安心せずに定期的なお手入れをして下さい。
Q 痛みはありませんか?
A
(1)虫歯になっている場合はしみることもあります。
(2)歯の先が磨り減っている場合は、ズキズキすることがあります。
(3)下の前歯はエナメル質が薄いため、鈍痛が発生することがあります。

ご予約・ご相談は
お気軽に

すべての方に安心して
通っていただける
環境づくりを行っています。
当院は完全予約制のため、
まずはお問い合わせ下さい。

  • 054-251-5878 お電話はこちら メールお問い合わせ メールお問い合わせ
  • 診療時間
    10:00~12:00
    14:00~18:00